アジア中東旅行・日常生活などに関する手記であります。今は資金集めのために、日本で充電してます。


by aciktim
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『エベレストを越えて』

e0009838_2131329.jpg
 こんな日常(連休がない毎日)だからこそ読みたくなる本、植村さんの『エベレストを越えて』。「冒険家」って職業がまだあったころの話です。

 立ってみたいものですね。地球で一番高いところって。
[PR]
# by aciktim | 2006-06-03 21:35 |  -本

復活

復活します。

ここ4ヶ月、完全に放置していました。何故かというと、働き始めた塾が忙しくて毎日1時間睡眠だったため、というのは嘘で、ただなんとなくです。そう、「なんとなく」っていうのは日常にしてしまうとあっという間に時間が経ってしまうのです。これは実に恐ろしいことですね。月並みですが、昨日でも今日でもない日常っていうのは、慣れてしまうと容易には抜け出せなくなるんですね。

ってことで、この現状を打開するためにブログを再度書きたいと思います。っていうか書きます。

放置していながらも見に来て下さった皆様、ありがとうございます!

とは言えども、最近旅行には全然行けていないので(塾で働いていてやや難しいというのはホント)、旅行ネタではなくなりますが・・・・。

それでは皆様、今後ともよろしくお願い致します。

ペコリ。
[PR]
# by aciktim | 2006-06-02 22:57 |  -塾

携帯灰皿

e0009838_12175728.jpg


喫煙者にとって最低限必要なものといえば携帯灰皿。

ちなみに僕は日本で外にいる時なんかは、駅前の喫煙所なんかでタバコを吸いますのでこれはほとんど使いません。でもアジアでは、状況は変わってきます。街頭に灰皿ってほとんど設置されていないんですね。ですのでこれは必須です。まぁ、現地のヒトはみんなポイ捨てしてるんですけれど・・・(笑)。一応日本人として使ってます。
[PR]
# by aciktim | 2006-02-23 12:34 |  -旅のお供

懐中電灯

e0009838_1714277.jpg

久しぶりの旅のお供はコレ、懐中電灯です。

タイやトルコなんかではあまり停電はありませんが、停電王国のインド(特にブッダガヤ!)なんかだとよく停電に鉢合わせます。そんなときに無いとキツイのが懐中電灯。夜、散歩がてらご飯を食べに行って、帰りに停電なんかがあると真っ暗で何も見えないんですね。重要です。

これは小型ながら、なかなか威力のある光を出してくれるので助かってます。ちなみにスポーツ用品店で1000円くらい。
[PR]
# by aciktim | 2006-02-21 17:20 |  -旅のお供
こんにちは~。

1月半ばに、杉並から練馬へとなかなかビミョウな引越しを致しまして、ネットが使えない状況だったため(にしても取り付けるまでになんで3週間以上もかかるんだろう?)、このように放置する結果となってしまいました。たまに覗きに来てくださったみなさん、すいませんでした。

ということで、これからはまたしっかり書くつもりですので、どうぞよろしくお願いします~。
[PR]
# by aciktim | 2006-02-16 17:34 | ■あれこれ・日常
e0009838_16404314.jpg

 
 正月に2002年の旅行ノートを見つけたため、かなり長い間が空きましたが再びのんびりと更新していこうと思います。これまでの旅行記は、こちらから参照くださいませ。それではよろしくお願いいたします。





 
 10時ころ目を覚ます。ふと上を見ると汚い板があり、ここが二段ベッドであることが分かる。そうだ、昨日ラッキーハウスに移ってきたんだっけ。身体を起こそうとすると、全身が筋肉痛であることに気づく。昨日はしゃぎすぎたなぁ。

 昨日は香港2日目。少しでも安い宿をと、重慶マンションからこのラッキーハウスに宿を移した(一泊70HK$(≒1000円))。チェックインしておじさんと少し話をしていると、衝撃の事実(オーバーだけど)に気づく。なんと、一旦香港に入国すると再度中国ビザを取得しなければならないというのだ。そんなの聞いてない。1998年以前ならまだしも今は2002年で既に返還されているわけだし、同じ中国を移動するだけではないか。がっかりしておじさんにビザ代を聞いてみると、「180HK$(≒2700円)」とあっさりと言ってのける。高い。一瞬ここから直接ハノイに飛んでしまおうという考えが頭をよぎるが、そちらの方が高いだろうな、と思いなおす。それにしてもおじさんに聞いていなかったら、ボーダー(っていうのかなぁ)で足止めをくらうところだった。ありがとうおじさん。早速中国ビザを取得しに行く。プラプラ歩いてビザセンターに着いてお金を払う。翌日には出来ているというのがせめてもの救い。それからラーメンを食べて散歩する。

 宿に戻ってきたのが15時頃。戻ってくる途中でバスケットコートを見つけていたので、久々に運動でもしようと、部屋にいた日本人を誘って一緒にバスケットボールをすることに。偶然にも宿にボールがあったので直行。1時間くらい爽やかな汗を流す。体力は予想通り順調に落ちており、腕立てでもしようかと思う(だけ)。宿に帰って本を読む。本は藤原新也の『沈思彷徨』。

 18時になったので、一緒にバスケをした方と夕飯を食いに行く。運動の後のビールは格別だ。明日中国ビザ取って明後日ベトナムビザ申請して…いつマカオに行けるやら。
[PR]
# by aciktim | 2006-01-10 16:38 |  -中国 China

マネークリップ

e0009838_15105399.jpg

間が空いてしまいましたが、今回はこれマネークリップ。

ぼくは基本的には、海外旅行中には財布を使いません。理由は単純でかさばるから。そこで大活躍するのがマネークリップ。ラオスやベトナム、カンボジアなんかではお金と言えば紙幣だけで硬貨はないので(たぶん。在ったとしてもごく僅かの価値しかない)、これだけで済みます。

なんか買うときって普通は財布を出しますよね?そういうときにも、これを出すとお世辞にもリッチには見えないのも利点です(まぁ実際にもあまり持ってないんですけどね(笑))。

ちなみにこれは東急ハンズで70円くらいです。
[PR]
# by aciktim | 2006-01-10 15:18 |  -旅のお供
去年はいろいろな方にお世話になりまして、なんとこのブログも半年以上続けることが出来ました。本当にありがとうございます。

最近更新が思うように出来ていなかったので、もうちょっとマメに書いていかなければ。

それでは今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by aciktim | 2006-01-05 11:48 | ■あれこれ・日常

『ワイルドスワン』

e0009838_12365925.jpge0009838_1237898.jpg
 さて久々の更新は最近読んだ本、張戎(ユンチアン)さんの大書『ワイルドスワン』でも。
 この本は、1909年に生まれた著者の祖母から張戎さんまでの、女性の3代記(著者の母も含む)を膨大な資料を基に忠実に記したものです。


 

 みなさんご存知のように、中国の20世紀って混乱の世紀ですよね。清が滅びてから中華民国建国、そして日本による占領から国共による内戦なんかがあって1949年には中華人民共和国建国。しかしこれでも落ち着かず、毛沢東による大躍進政策や文化大革命など、波乱万丈でした。

 さて、感想はといえば…いかんせん重たい。全部で800ページ近くあるのですが、笑うシーンは一切ありません。もうひたすら不幸です。筆者が1952年生まれなので、本の半分くらいは文革で占められているのですが、これが本当に酷すぎる。人間の負の心(嫉妬や怨恨など)を無理やり引き出して、階級闘争と称して大量の人間を「走資派」、「右傾反革命者」と名づけ犯罪者扱いする。これは一体なんだったのか、と愕然とします。

 文革期の中国の様子を知りたい方にはお勧めです。文章も巧いので、すらすら読み進めることが出来ますし。正直どっと疲れる本なので、気力のあるときに読んでみてください。
[PR]
# by aciktim | 2005-12-20 13:03 |  -本

万能ナイフ

e0009838_209383.jpg


個人旅行と言えば、万能ナイフ。

タイで果物買ったらその果物の皮を切るのに役立つし、トルコでワイン買ったらコルク抜くのに重宝するし・・・と使い方はさまざま。

日本で買ったものが紛失してしまったため、このナイフは2代目です。香港のスポーツショップで買って、値段は1400円くらい。まだ海外で使っていないので、使う日が楽しみですね。
[PR]
# by aciktim | 2005-12-06 20:14 |  -旅のお供

マネーベルト

e0009838_17131881.jpg

旅行に欠かせないものといえばこれ、マネーベルト。パスポートと航空券、Citi BankのカードとT/C、現金を常に入れています。

僕は首から下げるタイプのものはあまり信用していないので(首から紐が見えて、やや抵抗あり)、腰巻きタイプです。これを付けてからは、一回もお金を盗られたり落としたりしていません。

ちなみにこれは二つ目です。東急ハンズで1500円くらいで買いました。汗は吸ってくれるし、丈夫ですし、お気に入りですね。
[PR]
# by aciktim | 2005-12-05 20:45 |  -旅のお供

電気コイル

e0009838_2121229.jpg

続いてのお供はこれ、電気コイルです。

長期の旅行をしたことがある方なら、きっとご存知では?使い方は非常に簡単。まずコップに水を入れておきます。そしてプラグの部分をコンセントに差し込み、この蚊取線香みたいなところ(コイルでいいのかな?)を水の浸してあるコップに入れるだけ。数分後には熱湯になっているという優れものです。朝起きてコーヒー飲みたいけど外に出るのが少し億劫、なんて時に大活躍します。ちなみにお値段は確か180B(≒540円)くらい。
[PR]
# by aciktim | 2005-12-04 21:08 |  -旅のお供

小銭入れ

e0009838_1555294.jpg
 
2回目はこれ、小銭入れです。

ある国を出て他の国に入るとき、どうしても小銭って少しは余りますよね。捨てるのはもったいないし、かと言ってキープする場所にも意外と困る(困りませんか?)。そんなわけで手頃な小さい袋を探していたときに、中国のシャングリラでこれに出会いました。確か3元(≒40円)くらい。一応革だし丈夫なので重宝しております。
[PR]
# by aciktim | 2005-12-04 15:43 |  -旅のお供

I-Pod Mini 4GB

e0009838_1631587.jpg

今日からは旅行に持っていくものたちを紹介します。第一回はこれ、ご存知I-Pod Mini。
 
初期のころはMDプレイヤーを愛用していました。でもアジア各国ではあまりMDを作ってくれるところがないので、国内から持っていったものばかりを聞いていたのですが、唯一の例外はネパールのカトマンズ。僕はそこで無性にボブマーレーが聞きたくなって、「Legend」を焼いてもらいました。今でもまだ持ってますね、何か捨てられなくて(笑)。

荷物は極力軽くしたいので、I-Podは本当に便利です。これ一つでいいんですからね。
[PR]
# by aciktim | 2005-11-29 15:12 |  -旅のお供
 昨日、初めて高尾山へ行ってまいりました。平日だしあまり人はいないだろう、と目論んでこっそりと出掛けたのですが、さすがは紅葉シーズン、ご年配の方が溢れんばかりに来てました。いや~、本当にきれいでしたね。風光明媚って言葉は、紅葉がもとに出来た言葉なのかなってほどでした。日本に産まれて良かったなぁ、としみじみ思いましたね(笑)。それでは早速写真の方をどうぞ。

e0009838_14102424.jpg
e0009838_14105581.jpg











e0009838_1417616.jpg


e0009838_14171937.jpg



 




 
 
 


 ご飯の写真は、山の中腹にある食事処、権現茶屋さんでいただいたものです。ここでは、薬王院の精進料理がメニューにあって、僕はとろろ五穀ご飯を食べました。味噌汁・漬物つきで500円。結構おいしかったですよ~。

大きい写真はこちら
[PR]
# by aciktim | 2005-11-23 14:26 | ■あれこれ・日常

バラナシのひとコマ

                   何処に行くのかな?
e0009838_2014573.jpg


                 
[PR]
# by aciktim | 2005-11-21 20:07 |  -印度 India

バンコクの常宿2

e0009838_21245866.jpg


今年の2月、バンコクのシーロム通りにあるタイ語学校に1ヶ月間通った。
安いアパートでも借りて生活しようと思っていたので、一日中探し回ったのだが、たったの1ヶ月じゃ貸してくれるアパートは見つからなかった。確かに一月じゃ短いか。
というわけでいつの間にかLeeゲストハウスの一室は、生活感の溢れる部屋となった。
[PR]
# by aciktim | 2005-11-20 21:28 |  -泰国 Thailand
e0009838_21183760.jpg


 今まで数十年使われているであろう、とある公園のベンチ。ペンキの剥がれ具合がオシャレです。
[PR]
# by aciktim | 2005-11-19 19:13 | ■あれこれ・日常

バンコクの常宿

e0009838_21214763.jpg


 バンコクに来ると、最近はここに泊まることにしています。マレーシアホテルの近くのLee1ゲストハウス。すっっごい親切で優しいマダムと、静かな環境がお気に入りです。水シャワーはアウトサイドですが、一泊シングルで100B(300円)。カオサンの喧騒に飽きた方はどうぞ。Silomまで歩いて20分くらいと、立地条件もいいですしね。
[PR]
# by aciktim | 2005-11-17 16:47 |  -泰国 Thailand
 僕は基本的に音楽ならなんでも聞く人間です。でも特にお気に入りを挙げると、World Musicですかね。特に好きなのは、ドイツ生まれのインド音楽家Prem Joshua氏です。

 彼の作品は、インド古来の伝統的な音楽に西洋の音楽を融合させて作った曲が多いのですが、それが非常に聴いていて感じがいいんですね。コーヒーとか飲みながら、バックミュージックとして流しておいて、本でも読んでいると幸せな時間を過ごすことが出来ます。
 僕はこの人の『Water Down The Ganges』というアルバムは、安部公房氏の小説に合うような気がします。あくまで個人的なものですけれど。

 余談ですが、音楽と小説といえば、村上春樹氏の『ねじまき鳥クロニクル』は、坂本龍一氏の『Lost Child』が合う気がするのは僕だけでしょうか。


【特に好きなアルバム】

Water Down the Ganges
Prem/ Vyas, Manish Joshua / Medial Music
スコア選択: ★★★★★


Yatri
Prem Joshua / Medial
スコア選択: ★★★★


Shiva Moon
Prem Joshua / Medial Music
スコア選択: ★★★★
[PR]
# by aciktim | 2005-11-16 15:22 |  -音楽