アジア中東旅行・日常生活などに関する手記であります。今は資金集めのために、日本で充電してます。


by aciktim
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さらばJanuary

もうそろそろ1月も終わり。iTunesではジョニー・ハートマンが‘My Favorite thing‘をいつものように眼をつぶりながら(勝手なイメージ)歌っている。気持のよい昼下がり。洗濯機も普段通り快調に動いている。蓋はないけれど、愚鈍にせっせと動く洗濯機。

今年の6月には船で天津に入り、世界旅行のスタートボタンを押す予定。ボタンを押したら後は野となれ山となれ。それまでにしておくことが多々あるっぽくて、そっちがやや面倒。

そうそう、どうでもいいことなのだけれど、昨日は1月29日。高校生の時に付き合っていた彼女の誕生日でした。おめでとう。昨日何気なく携帯電話をみてみると、そこに「0129」って4つの数字が並んでいて、ふと思い出しました。いまだに反応してしまうものなんですね。年を重ねるってそういうことかもしれない。つまり、馴染みのある数字が段々と増えていくってこと。

曲はいつのまにか‘Moon River‘に変わっている。そうだ、IPodももう少し大きい容量のものが欲しいな。際限のない欲。

では、ぼちぼち仕事に行ってきます。
[PR]
by aciktim | 2008-01-30 13:54 | ■あれこれ・日常

観たい映画(メモ)

■ マジッド・マジディ 『太陽は僕の瞳』 
■ マジッド・マジディ 『少女の髪どめ』
■ チェン・カイコー 『人生は琴の弦のように』
■ ゴダール ヴェンダース 『10ミニッツオールダー』
■ ニール・ジョーダン 『ギャンブルプレイ』
■ パトリス・ルコント 『サン・ピエールの命』
■ キム・ギドク 『春夏秋冬そして春』

今日は髪をすいてもらいました。あまり喋りすぎない人だったので良かった。
[PR]
by aciktim | 2008-01-28 15:26 |  -映画

横にいるアイツ

さてさて、雪が来たり友達が2か月限定で引っ越してきたりと忙しい一週間でした。

突然話が変わるのですが、みなさまはストーブの威力を知ってますか?最近ストーブを購入したのですが(家にはエアコンがない)、これがインド人もビックリの大活躍。もうすごいすごい。ただの電気ストーブなのですが、部屋中を忙しく温めてくれていて、無二の親友のような身近さを感じています。今も横で可愛く回転していたりなんかしていて、自分の責務を必死に果たしてくれています。いいやつだ。

そして、2月は塾のみなさんの高校受験。後悔だけは残さないように、BESTを尽くしてやっていっていただきたいものです。

2月の目標。TOEICに向けて中身のある学習時間を48時間確保する。
[PR]
by aciktim | 2008-01-26 00:41 | ■あれこれ・日常

Haruki Murakami

前回、『謎とき 村上春樹』の話をちょっと出したので、今日は村上春樹のこと。

一番最初に手にとったのは高校生だった気がする。確か『風の歌を聴け』だったかな。文体が軽くて読みやすく、内容はPopで、読後は何ともいえない寂寥感を感じる、そんな印象。たちまち気にいり、続けて「僕」3部作を読み漁り、その期間は他の作品に目もくれず、スプートニクまで(その頃は海辺のカフカはでていなかった)一気に読了した記憶がある。

特に好きなのは、『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』。現実世界ともうひとつの世界が同時進行で展開していき、最後にぴたりと合致する。「物語」の要素がふんだんに入っていて、(エンデの『果てしない物語』とまではいかないけれど、それに似ているところもある)引き込む力を持っている小説。

今でも、新刊がでたら迷わず買う作家のひとり。話は変わりますが、年末に長く付き合っていた彼女と別々の道をいくことを決めたので、久々に『ノルウェイの森』を読んでます。(ここまで極端に別の道に進んだわけではもちろんない)。帯には、「100%の恋愛小説!」泣かせますね。


今年のささやかな目標。「1日3回ご飯を食べること。」
[PR]
by aciktim | 2008-01-16 00:15 |  -本

2008年の始まり

今年も一週間が終わったようです。
ここで、今年初めて読んだ本を。

石原千秋『謎解き 村上春樹』

大学で石原先生の講義(おもに漱石の『こころ』)を受講して以来、テクストの読み方を知り、それ以降小説という媒介を適切な距離をもって読めるようになりました。そこで僕の好きな村上春樹。思わず手にとって、実家の横須賀へ行く途中に買いました。

やや酒が残っているので続きはまた今度。
[PR]
by aciktim | 2008-01-08 00:56 |  -本
2008年。どうやら生まれてから25年目を迎えるらしい。

テレビではカンさんが高等遊民の話をしている。僕は長井代助ではないので(幸か不幸か親の財産はあまりない)、地に足をつけて一歩一歩出来ることをしていかなければならない。

今年は勝負の年。

「どんな時でも前を向き続ける」陳腐だがこれをモットーに一年間歩いていこう。
[PR]
by aciktim | 2008-01-02 23:25 | ■あれこれ・日常