「ほっ」と。キャンペーン

アジア中東旅行・日常生活などに関する手記であります。今は資金集めのために、日本で充電してます。


by aciktim
カレンダー

<   2005年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

e0009838_14403670.jpg

 やや風邪気味の今日は、ネパールのポカラです。カトマンズからバスで200Kmのところにあり、観光客に大人気のスポットです。天気の良い時はマチャプチュレ(6993m)をはじめ、アンナプルナ南峰(7219m)、ダウラギリ(8167m)などを望むことができます。

 ポカラと言えばトレッキング(山登り)。僕は1週間のコースで楽しく登りました。山の上では子どもが元気に遊んでいて、カメラを向けると並んでくれました。いい顔してたなぁ。

e0009838_14411224.jpg










e0009838_14412388.jpg










                       【まちなか
e0009838_14443855.jpg


e0009838_1442375.jpge0009838_14442325.jpg
[PR]
by aciktim | 2005-07-31 21:55 |  -尼泊尔 Nepal

マカオ写真館 in Aug 2002

 さて、今日も天気のよい一日でした。今日は先日世界遺産に登録されることになった、澳門(マカオ)です。
 e0009838_14162465.jpge0009838_14163578.jpg
 この左右の写真は、かの有名な?マカオタワーです。これは2001年に建てられたマカオで最も高い建造物(338M)です。頂上へは特別な許可を得ないと昇れませんが、地上から233Mにある展望台からマカオを一望することが出来ます。なかなか良い眺めですよ~、高所恐怖症にはやや恐いしかけがありますが(写真下)。解りますか?下が丸見えなんです。これは恐かった。
e0009838_1417734.jpg
 



     




 e0009838_14173194.jpg
 
 沢木耕太郎氏のベストセラー、『深夜特急』で有名なカジノ・リスボンです。僕は小心者ですので賭けをやろうという気はさらさらなく(日本に帰れなくなります)、ただ中を覗いてみようと思って入ったのですが、運悪くよれよれのタンクトップにネパールで買った麻のズボンを穿いていたので、入り口で入場拒否されました。やれやれですね。

e0009838_14174340.jpg



 → こちらは見ての通り、くつろいでいるおばあちゃんです。何を売るわけでもなく、ただそこに座っていました。まぁ日陰だったので、涼しい風が吹いていて気持ち良かったのかなぁ。



e0009838_1417588.jpg
 

 このマカオという地は、長いことポルトガルの支配下に置かれていました。それを象徴するような広場、セナド広場です。モザイク模様のタイルが敷かれていて、なかなかおしゃれでした。良い休憩スポットですね。
[PR]
by aciktim | 2005-07-29 20:48 |  -中国 China
e0009838_21134968.jpg

 東京は調布市、武蔵野の豊かな自然に囲まれて深大寺へ行ってきました。メインの目的は、御護摩を見学するためです。
 「御護摩」を知らない方のために簡単に説明しておくと(偉そうに言ってますが僕も先日知ったばかり(笑))、護摩木という薪を焚いて本尊に祈る、真言密教の秘法のことです(薪は煩悩・火は智慧を指しています)。願主の願いが成就することを祈るわけですね。

 深大寺に14時ころ着くと、早速儀式が始まりました。住職を含む4人の坊さんがそれぞれ太鼓をたたいたり金剛杵を振ったり、般若心経などのお経を唱えたりして(同時に火は激しく燃えさかっている)、30分ほどして終了しました。浅学な僕の印象に残ったところは、あるお経から(このお経が何のお経かは分かりませんでした)、般若心経へと移り変わるシーンでした。それまでのお経から突然太鼓と共に力強い般若心経が始まり(カンジーザイボーサツハンニャーハーラーミッタージー・・)、それはそれは迫力がありました。きっとお釈迦さまも喜んでいらっしゃることでしょう。
e0009838_21371722.jpge0009838_21372788.jpg
e0009838_21404016.jpg


 そしてこの歴史の古い寺(733年創建)を見学した後、神代植物公園へ行きました。入場料は500円(連れて行ってくださった先生に払っていただきました、本当にありがとうございます)。ここは、温室ビニールハウス内を見学しました。各大陸から様々な種類の植物を持ってきているみたいで飽きませんでしたが、その暑いこと暑いこと。日本の夏はビニールハウス要らないぞ。
 
 まぁ近頃にないアクティブな一日を送れたので、充実した一日となり良かったです。今日つくづく感じたことは、森の中は涼しい、ってことですかね。クーラーなんかで冷やすよりも、自然かつ健康的です。暑いときは森へ行こう。
[PR]
by aciktim | 2005-07-28 21:53 | ■あれこれ・日常
台風の翌日は気持ちいいくらい晴れますね。それでは今日はラオスの古都、ルアンパバーンです。
 
e0009838_1571192.jpg 

← 最初っからこんな写真で良いんでしょうか(笑)、まぁいっか。このご時世では彼らの欲をそそるものがたくさんありますので、これからは時代と巧く融合した仏教が求められますね。でもやっぱり袈裟にサングラスは似合ってないよ(笑)。
 
e0009838_1573210.jpg









e0009838_1574557.jpg





← これは丘の上から撮ったものです。緑豊かなラオスを象徴している写真で、マイナスイオンがたくさん出ていそうですね(笑)。この町は穏やかでのんびりしていて、長居するにはもってこいの町でした。もち米が美味しかったなぁ~。





                   【ルアンパバーンもろもろ
e0009838_1575436.jpg
e0009838_158163.jpg



 追記:現在多少(かなり?)酔っていながらこの写真館を作成したので、文章が少なくなっていますが悪しからず。ちなみに飲んでいるのは新商品、「kire」(発泡酒)です、一番搾りが飲みたいなぁ。
[PR]
by aciktim | 2005-07-27 21:55 |  -老挝 Laos
e0009838_153147.jpge0009838_1531159.jpg
 












 ラオスの首都、ヴィエンチャン。一国の首都とは思えないほどのどかで(一応誉めてます)、ゆるやかに時間が流れています。
 左右の写真はいずれもタートルアン(寺院)で撮影したもので、両方ともおじさんがしぶいですね。東南アジアのおじさん方は、みなさん締まった体をしていて格好いいです。



e0009838_1532860.jpg これは革命博物館にあった戦車のアップです。この博物館には、民族革命で独立を勝ち取ったラオス人民民主共和国の、武器や兵器・戦争の写真などが展示してありました。
 14世紀のラーンサーン王国建国に始まり、近隣諸国との領土を巡る戦争、フランスの支配下に置かれていた時代と続き、1975年にラオスが独立するまでの歴史を垣間見ることができます。(もっとも兵器の数が多いんですけどね。)


         
                   【ヴィエンチャンもろもろ
e0009838_1541091.jpg
e0009838_1542034.jpg

[PR]
by aciktim | 2005-07-26 22:22 |  -老挝 Laos
 このスキンに変更してみて、全体的には気にいっていたのですが、どうしても(って程でも正直なかったけれど)変更したいところがあったんです。そう、上の大きい写真。
 
 そこで昨夜トップの写真を変えてみようと、「まぁどうせ無理だろう」くらいのゆるいスタンスでいろいろやってみたところ、出来てしまいました(笑)。わっはっは、まいったか。

 一応言っておくと僕は思いっきり文系人間です(高校のとき物理のテスト2点取ったことあります(笑)(←笑えないですね))。でも写真変更くらいなら何とか出来た。ここで今日の一言。

 「何とかしようとすると、意外と何とかなることもある。」
[PR]
by aciktim | 2005-07-26 21:34 | ■あれこれ・日常
e0009838_15354479.jpg
e0009838_15355725.jpg


 イスタンブールからバスで7時間走ると、小さい町サフランボルがあります。サフランの花が群生していたところから、サフランボルという都市名がついたそうです、なんかメルヘンな感じですね。(もっとも僕にメルヘンは似合わないことは重々承知してます、はい(笑)。)
 ちなみにこの都市は、1994年に世界文化遺産に登録されていて、観光客にも人気のスポットです。時間がのんびり流れているんですね。

 e0009838_15363646.jpg

 このように町には野良犬がたくさんいます。と言ってもバラナシのように凶暴かつ獰猛ないぬではなくて、穏やかで人懐っこく、毎日を楽しく生きている(かどうかまでは分かりませんが)いぬたちでした。僕は毎日、小さい雪を彼らに向けて投げては遊んでいたのですが(嫌なやつですね)、いぬたちもあまり怒らずに(もしくは怒ってたかもしれないけど)「しょうがねぇなぁ、こいつは」って感じで一緒に遊んでくれました、大人だ。


 
 e0009838_1536518.jpg


 最終日になってようやく雪も止んで、昨日とは違った町が眼前に広がっておりました。ヨーロッパの古都らしく(補足:サフランボルは14~17世紀に繁栄したので、今でも当時の建造物が残っている)、中世に入り込んだような感覚を覚えました。歩道が石畳ってところがいいですよね。コンクリートって確かに機能的だとは思いますけど、あまり好きではないので。
 ちなみにこの町では、Bastoncu Pansiyonuという有名な宿に泊まりました(一泊12ミルヨン≒US$8)。日本人宿ですがなかなか良い雰囲気でしたね。宿のおかあさんが愛想があってかわいかったです。まだ元気かなぁ。
[PR]
by aciktim | 2005-07-25 15:32 |  -土耳古 Turkey
 え~。先ほどまでずっと勉強していました。くたくたです。

 プラトンやアリストテレスについて本を読んでまとめていたのですが、如何せん彼らの思想は難しいですね。最近の弛みきったわが脳みそには、まるでストレッチをしないで10Km走るようなもんでした。もっと日頃から頭を使って生きなきゃいけないなぁ。

 本を読みながら、師匠のプラトンさんが弟子のアリストテレスさんに「ここはおかしいよ、だってイデアはさぁ・・」とか言われて「それは違うよ君、つまりイデアなるものは・・」なんて返したりする情景を頭に浮かべたり、きっと二人ともぶどう酒なんか飲みながら討論交わしてたんだろうなぁ、なんて思ったりしながらやってました。だからこんな時間かかったんだろうなぁ(笑)。

 
 今日はこれで終わりです、おやすみなさい。
[PR]
by aciktim | 2005-07-24 23:49 | ■あれこれ・日常

1ヶ月経ちました。

 
 え~、今日でちょうどブログを初めて1ヶ月経ちました。思ったよりも積極的に更新出来ていて、自分で自分を誉めてあげたい(古いですね)。アクセス数なんかも、今日ちょうど300に到達して、嬉しい限りでございます。でも一体どなたが見てくれているのでしょうか、不思議ですねぇ。

 当初は最近勉強している日本語教育、タイ語についてや、読んだ本・観た映画の感想なんかもバランス良く書いていこう、と思っていたのですが、こうして振り返ってみると、圧倒的に旅行ネタが多いですね。まぁ今まであまり旅行を整理したことが無かったので、いい機会だと思って楽しくやっております。

 このブログってものは、みなさんのコメントなど反応が返ってくるのが嬉しいですね。反応があるとこっちも、じゃ何か書こうかな、って考えますし。それがこうして楽しく続けることが出来ている一因となっているのではないか、と思う今日この頃です、はい。

 それではみなさま。どうぞこれからもほどほどによろしくお願いします。それでは。 
[PR]
by aciktim | 2005-07-23 22:34 |  -このブログについて
 e0009838_21174650.jpg
 今日は一番足繁く通っているタイの写真館。紹介するのはサメット島です。タイトルの「コ」はタイ語で「島」のこと。
 この島はバンコクのエカマイ(東バスターミナル)からバスで3時間(約120B)+船で30分ほどで来ることが出来るので、バンコクっ子が週末にちょっとビーチでも、といった感覚でやってきます。



e0009838_21181372.jpg 島は小さいながらも、色々なニーズに応じたビーチが数箇所あります。繁盛しているサイケオビーチから、ほとんど人がいないプライベートビーチまで選びたい放題ですね。
 僕が訪れたときは観光客はコンファラン(西洋人)が少しいたくらいで、タイ人ばかりでしたね。静かにのんびり過ごしたい方にお勧めです。


e0009838_21183874.jpg 当然島ですから魚介類も豊富に揃ってます。観光客がたくさんいるようなレストランは避けて(激しく高い)、地元の人がのんびり酒を飲んでいるような店に行きましょう。僕が通っていた店では、イカの姿焼きなんかが一杯20Bくらいで食べられます。ビールも美味しいですしね~。
 思い出したらまた行きたくなってきました(笑)。いいところですよ~!
[PR]
by aciktim | 2005-07-23 18:27 |  -泰国 Thailand