アジア中東旅行・日常生活などに関する手記であります。今は資金集めのために、日本で充電してます。


by aciktim
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ: -音楽 ( 2 )

クストリッツァ!!!

さてさて、7月いっぱいで仕事を辞めて、8月の頭にそこそこ長い旅行へ行ってきます。

ということで、行く前に是非とも会いたい方々に会ってきました。

まずは大学時代の恩師、石浜先生。HPはこちら→http://tibet.que.ne.jp/okamenomori/
久しぶりにお会いしたのですが、3年前とお変わりなく、元気そうなご様子。チベットが専門の方ですので、今ホットなチベットの話や近況報告をしてきました。行ったら写真たくさん撮ってまいりますので、帰国したらまた会いましょう。それにしても、授業中いきなり講義を中断してクールにつかつかと歩み寄ってきたのはびっくりしました(笑)。

そして、夕方からはなんとEmir Kusturica & The No Smoking Orchestra。日本に初来日ということで、これは何としても見とかなければならない!ということで駆けつけました。場所は東京ドームJCBホール。あっという間の2時間でした。月並みもいいとこですが、本当に楽しかったです!ドクトルネレがうろうろするわ、わけわからんところでバイオリン弾くわ、ギターがおなかの前で扇風機みたいにくるくる回るわで、飽きがこないように作られてました。バンドが本当に楽しそうに演奏して歌っているので、こっちも乗せられます。当然演奏のレベルも高いですしね。いやはや、よかったよかった。

e0009838_2324277.jpg


ちなみに一緒に行った連れ合いによると、浅野忠信がフツーにいたらしい。今日の一日だけだから、著名人もたくさん来てたのかな。とにかく、美味しいビールが飲めましたよ。
[PR]
by aciktim | 2008-06-27 02:36 |  -音楽
 僕は基本的に音楽ならなんでも聞く人間です。でも特にお気に入りを挙げると、World Musicですかね。特に好きなのは、ドイツ生まれのインド音楽家Prem Joshua氏です。

 彼の作品は、インド古来の伝統的な音楽に西洋の音楽を融合させて作った曲が多いのですが、それが非常に聴いていて感じがいいんですね。コーヒーとか飲みながら、バックミュージックとして流しておいて、本でも読んでいると幸せな時間を過ごすことが出来ます。
 僕はこの人の『Water Down The Ganges』というアルバムは、安部公房氏の小説に合うような気がします。あくまで個人的なものですけれど。

 余談ですが、音楽と小説といえば、村上春樹氏の『ねじまき鳥クロニクル』は、坂本龍一氏の『Lost Child』が合う気がするのは僕だけでしょうか。


【特に好きなアルバム】

Water Down the Ganges
Prem/ Vyas, Manish Joshua / Medial Music
スコア選択: ★★★★★


Yatri
Prem Joshua / Medial
スコア選択: ★★★★


Shiva Moon
Prem Joshua / Medial Music
スコア選択: ★★★★
[PR]
by aciktim | 2005-11-16 15:22 |  -音楽