アジア中東旅行・日常生活などに関する手記であります。今は資金集めのために、日本で充電してます。


by aciktim
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ: -印度 India( 3 )

バラナシのひとコマ

                   何処に行くのかな?
e0009838_2014573.jpg


                 
[PR]
by aciktim | 2005-11-21 20:07 |  -印度 India

カルカッタ写真館

 気温もぐんと下がってきて、いよいよ秋が深まってきた感じがします。いよいよこれから冬が迫ってくると思うと、何だか憂鬱になりますね。寒いのが大の苦手なので…。まぁ鍋が美味しく食べられるし、良しとしよう(鍋は大好き)。
 さて今日は、インドはカルカッタ(コルカタ)の写真館です。


e0009838_2214922.jpg 去年か一昨年、「カルカッタ(Culcutta)」は「コルカタ(Kolkata)」に名称を変えました。皆さんはどちらが好みでしょうか?僕は圧倒的に「カルカッタ」ですね。音の響きが好きです。
 街を散歩していると、英国風建造物を数多く目にします。イギリス支配の遺物ですね。どの建物も年季が入っていて、なかなか味があります。


e0009838_22233011.jpg
 バラナシならベンガリートラ、デリーならメインバザールといった具合に、ここカルカッタにも安宿が集まる一角があります。その名はサダルストリート。僕もここに宿をとり、毎朝近くのチャイ屋に飯を食べに行ってました。エッグトーストとチャイで13ルピー(39円)。ゆったりした時間が味わえる至福のときです。





                  【何でも揃うカルカッタのマーケット】
e0009838_2233955.jpg

[PR]
by aciktim | 2005-11-02 22:39 |  -印度 India
e0009838_1572414.jpg

 ヒンドゥー教徒の聖地でありガンガーの街、ヴァラナシ。行き交う人たちはみなとてもカラフルな服を身に纏っている。まるで国民の義務であるかのように皆が黒い背広を着ている国から来た僕は、おじちゃんもおばちゃんもお洒落だなぁ、と思った。


e0009838_1575158.jpg 背景が絵のようになっているお気に入りの一枚。正直に告白すると、わざとではありません。(笑)
 これは食堂から表のようすを撮ったものです。よく見るとおっさん尻掻いてるなぁ。
 ここのドーサは絶品でした。この街に滞在している間は、毎日ここに昼飯食いに通ってた気がします、ラッシーも美味しかったし。店の名前はえ~と、何だったかなぁ・・、忘れました。



e0009838_1581276.jpg ガンガーと船。この両者の関係は切っても切れるものではありません。端から端のガート(岸辺・沐浴所)まではたいそうな距離があるので人々はよく利用します。ボートで移動した方が陸を歩くよりも速いからです。僕も歩き疲れた時にはよく利用しました。
 朝日を見たいと思ったら、このボートに乗る事になります。(乗らなくても見ることは可能ですが、乗った方がやはり雰囲気はよい)僕も数回乗りまして、今でも瞼を閉じるとその光景が浮かんできます。素晴らしい光景を記憶に刻むことができますよ。ただし料金交渉はしっかりと。


 
                    「ヴァラナシの日常

e0009838_15362843.jpg
e0009838_15364082.jpg

e0009838_1537764.jpg
e0009838_15371978.jpg


e0009838_1538365.jpg

[PR]
by aciktim | 2005-06-28 14:08 |  -印度 India